メインコンテンツに移動

聖ミハエル教会

アントーン・ファン・ダイク作「キリスト磔刑」
Antoon van Dyck
Vlaamse Meesters in Situ Sint-Michielskerk
聖ミハエル教会

壮大な聖ミハエル教会は、ゲント中心部の静寂なるオアシスであり、ゴシック様式の建築が際立ちます。この教会は大天使ミハエルを祀っています。建設には200年以上もの月日が費やされ、1672年に完成しました。きらびやかな内部装飾はバロック様式の油彩画や17世紀~18世紀の彫刻作品を主としていますが、神父が礼拝者に説教を行う講壇など、19世紀の作品も見られます。特筆すべき作品は、アントワープの画家アントーン・ファン・ダイクによる1630年の作品「キリスト磔刑」。極めて大胆な色彩の豊富な作品です。また、100個以上の追悼板(死亡を知らせる記録)も、この裕福な地域に住んでいた数多くの一族たちを彷彿とさせます。

Sint-Michielsplein
Gent
土曜日と日曜日 14:00 ~ 17:00