メインコンテンツに移動

聖ミカエルと聖デュル大聖堂

ミヒール・コクシー作 「キリスト磔刑」
Michiel Coxcie
Vlaamse Meesters in Situ Kathedraal van Sint-Michiel en Sint-Goedele
聖ミカエルと聖デュル大聖堂

ブリュッセルの迫力ある主教会は、ゴシック様式の傑作であり、聖像破壊運動にもかかわらず、無数の歴史的遺産を所有しています。何世紀にもわたり王宮のある、首都ブリュッセルに位置することを考えれば、これは不思議ではありません。たとえば、16~17世紀の王室の対になったステンドグラス、多くの墓標、バロック様式の使徒たちの彫刻、金、銀、布製の教会の宝物などがあります。本来より高い知名度を誇るべき16世紀のフランダースの画家、ミヒール・コクシーの作品としては、「キリスト磔刑」を含む3点があります。この作品がイタリア風であるのは決して偶然ではありません。コクシーは、スペイン王フィリップ2世の宮廷画家であり、同国でこのスタイルを身に着けたからです。

Sinter-Goedeleplein
Brussel
月曜日~金曜日 08:30-18:00
土曜日08:00~17:00、日曜日13:00~18:00
この経路の一部: