メインコンテンツに移動

聖母大聖堂

「羊飼いたちの崇拝」
Antoon van Dyck
Vlaamse Meesters in Situ Dendermonde
聖母大聖堂

この聖母大聖堂は、13世紀から15世紀にかけて建設されたゴシック様式の教会です。1570年代の聖像破壊運動の後、この教会は再び装飾されました。この教会の注目すべき芸術作品は、アントワープの偉大なる画家アントーン・ファン・ダイクの「羊飼いたちの崇拝」。聖母教会にぴったりのテーマとして、羊飼いたちがキリスト生誕の最初の目撃者として驚く場面を感動的に描いた、色使いの技巧が光る作品です。この教会にはもう1点のファン・ダイクの作品、「キリスト磔刑」と、ファン・ダイクの師匠であったルーベンスを彷彿とさせる数々の素晴らしい作品があります。また、数多くの子供の肖像画が見られます。

絵画は2020年の春に復元され、今ではその栄光に再び感心することができます。

Onze Lieve Vrouwkerkplein
Dendermonde
4月1日から5月31日までの土曜日、日曜日、祝日は午後1時から午後5時まで
6月1日から9月30日までの火曜日から日曜日の午後1時から午後5時。祝日を除く月曜日は休業
この経路の一部: