メインコンテンツに移動

聖ヤコブ教会

ミヒール・コクシー作 キリスト磔刑の三連祭壇画
Michiel Coxcie
Vlaamse Meesters in Situ Sint-Jacobskerk
聖ヤコブ教会

聖ヤコブ教会は、ゲントの人々に愛される教会です。近隣の住民や、訪問者、巡礼者が訪れます。この教会は巡礼地サンティアゴ(聖ヤコブ)・デ・コンポステーラに向かうルート上に存在します。この教会では約900年にもわたり改築が行われており、これはその建築様式にも見て取れます。内部装飾にもバラエティーに富む数々の芸術作品が見られます。その中でも注目すべきなのは、1579年ミヒール・コクシー作の3つのパネルで構成される油彩画です。キリストが磔にされ、2人の殺人者の間で残虐な死を迎える場面を描いています。コクシーは長年にわたりイタリアで活動しており、そのことがその画風に現れています。同じ時期に製作された素晴らしい装飾のサクラメントタワーには、キリストの身体を象徴する「ご聖体(ウェハース状の無酵母パン)」が収められています。

Bij Sint-Jacobs
Gent
土曜日と日曜日 14:00~17:00